国内外ニュース

カーリング、軽井沢クが初戦大勝 PA選手権、豪で開幕

 初戦の台湾戦でショットを放つ両角友(中央)、左は両角公、右は山口=エリナ(共同)  初戦の台湾戦でショットを放つ両角友(中央)、左は両角公、右は山口=エリナ(共同)
 【エリナ(オーストラリア)共同】カーリングの世界選手権出場を懸けたパシフィック・アジア選手権は2日、オーストラリアのエリナで開幕して男子1次リーグが行われ、平昌冬季五輪日本代表で連覇を狙うSC軽井沢クが台湾に12―2で大勝して白星発進した。

 2―0の第4エンドに不利な先攻で3点を奪って主導権を握り、第7エンドに一挙6点で試合を決めた。

 9チームで争う男子の1次リーグは1回戦総当たりで上位4チームが準決勝に進む。3位までが来年の世界選手権出場権を獲得する。日本は五輪代表が参加しない日本選手権の優勝チームを世界選手権に派遣する方針。

(11月2日22時16分)

スポーツ(11月2日)