国内外ニュース

バルフォア宣言百年でデモ パレスチナ、「英国は謝罪を」

 ヨルダン川西岸パレスチナ自治区ラマラで、バルフォア宣言100年の抗議デモに参加する人たち=2日(共同)  ヨルダン川西岸パレスチナ自治区ラマラで、バルフォア宣言100年の抗議デモに参加する人たち=2日(共同)
 【ラマラ共同】「英国はパレスチナの人々に公式に謝罪すべきだ」「(謝罪を拒否する)メイ首相は恥を知れ」。英国がパレスチナでのユダヤ人国家建設を約束した1917年のバルフォア宣言から100年となる2日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区では抗議デモが行われ、パレスチナ人らが英国政府やメイ英首相を激しく非難した。

 西岸の中心都市ラマラのアラファト広場には2日、数千人のデモ隊が集結。「土地を不当に強奪されてから100年」「バルフォア宣言100年の祝福を拒否する」などと書かれた横断幕を掲げ、英国文化を紹介する施設が入った建物までの数百メートルを行進した。

(11月3日0時41分)

国際(11月3日)