国内外ニュース

金正男氏殺害「明白なテロ」 テロ支援国家再指定巡り米補佐官

 記者会見するマクマスター米大統領補佐官=2日、ワシントン(AP=共同)  記者会見するマクマスター米大統領補佐官=2日、ワシントン(AP=共同)
 【ワシントン共同】マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2日、今年2月にマレーシアで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件は「明らかにテロ行為に該当する」と非難し、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するか近く方針を表明する見通しを示した。

 トランプ大統領のアジア歴訪を前にホワイトハウスで記者会見した。テロ支援国家に指定されれば金融制裁などの対象となる。米政府は既に核・ミサイル開発に絡む制裁を実施しており実質的な効果は小さいとみられるが、再指定されれば北朝鮮側の反発は必至だ。

(11月3日6時41分)

国際(11月3日)