国内外ニュース

国交省、日産本体2工場を検査 無資格検査の再発防止確認

 日産自動車による無資格検査問題で、国土交通省は3日、再発防止策が完了した日産本体の栃木工場(栃木県上三川町)と追浜工場(神奈川県横須賀市)について、生産体制の見直しを確認するために立ち入り検査した。

 国交省は既に、日産自動車九州(福岡県苅田町)、日産車体湘南工場(神奈川県平塚市)、日産車体九州(苅田町)の3工場に検査に入っている。3日で計5工場が検査に入ったことになり、残る工場はグループのオートワークス京都(京都府宇治市)。日産は国交省から対策が十分と認定されれば、生産と出荷を再開する。

 日産は車を組み立てる国内全6工場で無資格検査をしていた。

(11月3日10時32分)

経済(11月3日)