国内外ニュース

ジャンプ、高梨と小林潤が優勝 全日本選手権

 優勝した高梨沙羅の2回目=宮の森  優勝した高梨沙羅の2回目=宮の森
 ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ第1日は3日、札幌市宮の森ジャンプ競技場でノーマルヒル(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、女子は高梨沙羅(クラレ)が94メートル、93・5メートルの合計234・5点で2大会ぶりに優勝した。伊藤有希(土屋ホーム)は1回目に最長不倒の97・5メートルを飛んだが、2回目は83メートルにとどまり、217・4点で2位だった。

 男子は小林潤志郎(雪印メグミルク)が98メートル、97・5メートルの252・0点で初制覇。弟の陵侑(土屋ホーム)が95・5メートル、95メートルの239・5点で2位に続いた。

(11月3日16時45分)

スポーツ(11月3日)