国内外ニュース

イバンカ氏が女性政策で講演 日米で社会進出後押しを

 来日中のイバンカ・トランプ米大統領補佐官は3日、東京都内で開かれた女性政策に関する国際シンポジウム(女性版ダボス会議)の関連行事で講演し、日米は自国の改革だけでなく、他国の女性の社会進出を後押しするべきだと呼び掛けた。

 淡いピンクの服に身を包んだイバンカ氏は、安倍晋三首相と共に登壇。「世界には男性の許可なく外で働くことができない国もある」と指摘し、こうした国の女性の社会参画を支援する取り組みが重要だと語った。

 トランプ政権内での自らの役割は、女性の社会参画促進だと説明。女性の進出は広がりつつあるが「長時間労働を求める企業文化は変わっていない」と強調した。

(11月3日17時40分)

国際(11月3日)