国内外ニュース

米財界、対日FTAに期待 経済協議会会長が表明

 日米財界人会議後、記者会見する米日経済協議会のチャック・ロビンス会長(中央)ら=3日、ワシントン(共同)  日米財界人会議後、記者会見する米日経済協議会のチャック・ロビンス会長(中央)ら=3日、ワシントン(共同)
 【ワシントン共同】米日経済協議会のチャック・ロビンス会長(シスコシステムズ最高経営責任者)は3日、米首都ワシントンで開かれた日米財界人会議終了後に記者会見し「何らかの貿易協定を結ぶ方向で速やかに動いてほしい」と述べ、日米の自由貿易協定(FTA)に期待を表明した。

 トランプ米政権は環太平洋連携協定(TPP)から離脱。日本などは米国抜きでのTPP発効に向け交渉を進めている。米国企業は対日ビジネスでカナダやオーストラリアなどTPP参加国の企業との競争上不利になることを懸念している。

(11月4日6時25分)

経済(11月4日)