国内外ニュース

ソフトB松坂、今後は独自に練習 現役続行には手応えか

 戦力外通告を受け、退団することが分かったソフトバンクの松坂大輔投手(37)は4日、福岡県筑後市のファーム施設で早朝に練習してロッカーの荷物整理などを終えた。今後は球団施設を使わず、独自に日本国内で調整する。2015年に手術を受けた右肩の不調は移籍先を探す際のネックとなりかねないが、本人は現役続行に向け手応えを得ているようだ。

 今年4月に肩の痛みで離脱した松坂は関東地方の治療院などでリハビリを続けていた。関係者によると8月にようやく原因が分かり、この1カ月で状態が急回復したという。10月下旬には捕手を座らせてのブルペン投球を再開した。

(11月4日15時31分)

プロ野球(11月4日)