国内外ニュース

サリン法廷に出席「最高裁でも」 地下鉄事件遺族が要望

 13人が死亡した1995年の地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が、事件で殺人罪などに問われた元オウム真理教信者高橋克也被告(59)=一、二審無期懲役、上告=の最高裁の法廷に、被害者参加人として出廷することを求める要望書を出したことが4日、分かった。

 2008年に被害者参加制度が導入されて以降、最高裁が被害者参加人の出廷を許可したケースはないとみられる。最高裁は難色を示しており、高橋さんは「地下鉄事件で残る裁判は被告のみ。当事者として法廷に出席したい」と訴えている。

(11月5日2時06分)

社会(11月5日)