国内外ニュース

ソフトバンク系米携帯、合併断念 独テレコム傘下との協議打ち切り

 スプリントの販売店=4日、ニューヨーク(共同)  スプリントの販売店=4日、ニューヨーク(共同)  TモバイルUSの販売店=4日、ニューヨーク(共同)  TモバイルUSの販売店=4日、ニューヨーク(共同)
 【ニューヨーク共同】ソフトバンクグループ傘下の米携帯電話4位スプリントと、ドイツ通信大手ドイツテレコム傘下で米3位のTモバイルUSは4日、合併に向けた協議を打ち切ったとの声明を発表した。合意できる条件を見つけられなかったとしている。

 ソフトバンクは米国市場での戦略を見直す。提携先を米メディア企業など幅広い業種から探すとみられる。

 スプリントのクラウレCEOは声明で「合併による規模(拡大)の利点は認識していたが、別々に前進することが最善である」とコメント。TモバイルのレジャーCEOも声明で合併効果に言及しながらも、単独での業績拡大に自信を示した。

(11月5日8時25分)

経済(11月5日)