国内外ニュース

駅伝、神奈川大が20年ぶり優勝 3度目、全日本大学

 両手を上げてゴールする神奈川大のアンカー・鈴木健吾。20年ぶり3度目の優勝を果たした=伊勢神宮  両手を上げてゴールする神奈川大のアンカー・鈴木健吾。20年ぶり3度目の優勝を果たした=伊勢神宮
 全日本大学駅伝は5日、名古屋市の熱田神宮から三重県伊勢市の伊勢神宮までの8区間106・8キロで27チーム(オープン参加2を含む)が出場して行われ、神奈川大が5時間12分49秒で20年ぶり3度目の優勝を決めた。

 10月の出雲全日本大学選抜駅伝を制した東海大が1分18秒差の2位。前回覇者で1月の東京箱根間往復大学駅伝で総合3連覇を達成した青学大は3位だった。

 神奈川大は5区の越川堅太が区間賞となる好走で2位に浮上。8区は鈴木健吾が首位東海大との17秒差を逆転した。4位の駒大、5位の東洋大、6位の中央学院大までが来年のシード権を得た。

(11月5日15時30分)

スポーツ(11月5日)