国内外ニュース

米、核掌握には地上侵攻必要 対北朝鮮で見解

 【ワシントン共同】北朝鮮国内の全ての核兵器保管場所を完全に特定し、掌握するには米軍地上部隊による侵攻が唯一の手段だとの見解を米国防総省が示した。その場合、北朝鮮側が生物兵器や化学兵器を使う恐れがあるとしている。ワシントン・ポスト紙電子版が4日報じた。

 米軍統合参謀本部の幹部が、民主党下院議員2人の求めに応じて送付した書簡で述べた。

 書簡は核・ミサイル開発阻止のため、経済・外交両面で対北朝鮮圧力を強める米国務省主導の現在の取り組みを米軍は支持しているとした。北朝鮮軍の攻撃態勢に変化は見られないとも指摘した。

(11月5日15時40分)

国際(11月5日)