国内外ニュース

働き方改革、部課長任せ 会社の支援9割「不十分」

 働き方改革に対する会社のサポートが不十分だと部課長クラスの91・8%が感じている―。働き方の見直しを啓発しているNPO法人「ファザーリング・ジャパン」(東京)の調査でこんな結果が出た。69・5%が部下の管理でストレスを抱えていることも判明。中間管理職が働き方改革の推進を任され、苦悩している姿が浮かんだ。

 調査は8月にインターネットで実施。従業員50人以上の企業の部課長クラス約千人が回答した。

 会社のサポートが「十分にある」が8・1%にとどまるのに対し「あるが足りていない」は49・1%、「ほとんどない」は34・3%、「全くない」は8・4%だった。

(11月5日16時31分)

暮らし・話題(11月5日)