国内外ニュース

球拾いの高1男子溺れ重体、金沢 野球試合中に川転落

 5日午前10時半ごろ、金沢市の新大徳川で、石川県立金沢西高(同市畝田東3丁目)1年の男子生徒(15)が溺れ、病院に搬送された。金沢西署などによると、生徒は意識不明の重体。川に隣接する同校グラウンドで野球部の練習試合中だったといい、ボールを取りに行き川に転落したという。

 金沢西高によると、生徒は外野フェンスを越えホームランになったボールを別の生徒と取りに行った。柄が付いた網で川に浮かんだボールをすくおうとした際、足を滑らせたという。水深は2~3メートルで、野球部の部長を務める教諭が119番した。

(11月5日18時26分)

社会(11月5日)