国内外ニュース

日米首脳「ゴルフ外交」 「突っ込んだ話できた」

 来日したトランプ米大統領(左手前)とゴルフを楽しむ安倍首相(右端)。右から2人目はプロゴルファーの松山英樹選手=5日午後、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(内閣広報室提供)  来日したトランプ米大統領(左手前)とゴルフを楽しむ安倍首相(右端)。右から2人目はプロゴルファーの松山英樹選手=5日午後、埼玉県川越市の霞ケ関カンツリー倶楽部(内閣広報室提供)
 安倍晋三首相とトランプ米大統領は5日午後、霞ケ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)で約2時間にわたり、男子ゴルフの松山英樹プロを交えて9ホールを回った。共通の趣味を通じて信頼関係を深める「ゴルフ外交」が狙い。首相は終了後「難しい話題も織り交ぜながら突っ込んだ話ができた」と官邸で記者団に語った。

 プレーに先立ち、両首脳は「DONALD&SHINZO MAKE ALLIANCE EVEN GREATER(よりよい同盟にする)」との刺しゅうが入ったゴルフ用の帽子にサインした。昼食はハンバーガーだった。

(11月5日18時30分)

政治(11月5日)