国内外ニュース

北朝鮮のテロ国家指定、近く判断 トランプ氏

 トランプ米大統領は5日、日本に向かう専用機内で記者団に、北朝鮮をテロ支援国家に再指定するかどうかを「速やかに決定する」と述べ、近く判断する考えを示した。またアジア歴訪中にロシアのプーチン大統領と会談し、北朝鮮への対応で協力を求めると語った。

 トランプ氏は北朝鮮による拉致被害者の家族と6日に面会する予定。米政府高官によると、日本人拉致被害者の家族と会った高官から話を聞いたトランプ氏が「強い関心」を抱き、自分も面会したいとの意向を示した。

(11月5日19時45分)

国際(11月5日)