国内外ニュース

チリ大使公邸に駆け込み ベネズエラ野党指導者

 チリの駐ベネズエラ大使公邸=5日、カラカス(ロイター=共同)  チリの駐ベネズエラ大使公邸=5日、カラカス(ロイター=共同)
 【リオデジャネイロ共同】南米ベネズエラからの報道によると、野党主要指導者フレディ・ゲバラ国会第1副議長が4日夜、チリの駐ベネズエラ大使公邸に保護を求めて駆け込んだ。同氏に対しては民衆を扇動した容疑などで最高裁が議員特権剥奪を、反米左翼マドゥロ政権派で構成する制憲議会に要請していた。

 チリ外務省は「人道主義の伝統や外交政策の原則に照らし、大使の客としての身分を与えた」との声明を発表した。

 ゲバラ氏は政権批判の急先鋒で、マドゥロ大統領はかねて「おまえの独房の準備はできている」と名指しで弾圧を予告していた。

(11月6日5時31分)

国際(11月6日)