国内外ニュース

転落の酔客に衝突され、手足まひ 京阪2階建て車両巡り提訴

 京阪電鉄の2階建て車両で階段下の補助席に座っていた際、酔って階段から転落した男性に衝突され、手足にまひが残ったとして、大阪府内の30代女性が同社と男性に計約2億3700万円の損害賠償を求めて提訴していたことが6日、分かった。大阪地裁(長谷部幸弥裁判長)で同日、第1回口頭弁論が開かれ、同社と男性は請求棄却を求めた。

 車両は大阪と京都間の特急で主に使われ、乗車口のあるフロアから階段を下りた位置に設置され、壁から出し入れ可能な簡易式の椅子が問題となった。

 訴状によると、昨年2月24日夜、走行中の車両内で、酔った男性が乗車口フロアから下に転落し女性に衝突した。

(11月6日11時16分)

社会(11月6日)