国内外ニュース

日米、北朝鮮へ圧力最大限 トランプ氏、武器購入など要求

 トランプ米大統領(左から3人目)と会談する安倍首相(右端)=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館(ロイター=共同)  トランプ米大統領(左から3人目)と会談する安倍首相(右端)=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館(ロイター=共同)  トランプ米大統領(左)との会談を終え、共同記者会見する安倍首相=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)  トランプ米大統領(左)との会談を終え、共同記者会見する安倍首相=6日午後、東京・元赤坂の迎賓館(代表撮影)
 安倍晋三首相は6日、トランプ米大統領と東京の迎賓館で会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に政策を変えさせるため、圧力を最大限に高める方針を確認した。トランプ氏は共同記者会見で日米間の貿易不均衡是正を要求。米国製武器の購入拡大も求めた。両首脳は会談で、東・南シナ海など海洋進出を強める中国をにらみ、首相が新たに掲げる「自由で開かれたインド太平洋戦略」の実現へ協力強化で一致した。

 首相は記者会見で、北朝鮮情勢に関し「同盟の揺るぎない絆を示すことができた。日米が100パーセント共にあると力強く確認した」と強調。トランプ氏は、同盟がかつてなく緊密化したと応じた。

(11月6日23時00分)

政治(11月6日)