国内外ニュース

邪馬台国候補の纒向遺跡に墓所か 新たに3基の周溝墓を発見

 メクリ1号墳の東側で新たに見つかった方形周溝墓3基(それぞれ人が立っている場所)=奈良県桜井市  メクリ1号墳の東側で新たに見つかった方形周溝墓3基(それぞれ人が立っている場所)=奈良県桜井市
 邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向遺跡にあるメクリ1号墳(3世紀前半~中ごろ)の東側で、3世紀の方形周溝墓が新たに3基見つかり、市教育委員会が6日、発表した。過去の調査結果から、少なくとも6基が周囲に造られていたことが判明。市教委は「一帯は同遺跡の墓所区域のひとつだった」とみている。

 調査をした同市纒向学研究センターによると、3基は3世紀前半から後半にかけて順番に築造されたとみられ、最も大きいもので南北約8・5メートル、東西約9メートル。墳丘は削られて、いずれも埋葬施設は残っていなかった。

 メクリ1号墳は全長約28メートルの前方後方墳だった。

(11月6日17時36分)

文化・芸能(11月6日)