国内外ニュース

阪神、四藤社長らが退任へ 12月1日付

 握手を交わす阪神の四藤慶一郎球団社長(左)と後任の揚塩健治氏=6日午後、兵庫県西宮市内の球団事務所  握手を交わす阪神の四藤慶一郎球団社長(左)と後任の揚塩健治氏=6日午後、兵庫県西宮市内の球団事務所
 阪神は6日、四藤慶一郎球団社長(57)と高野栄一球団本部長(54)が12月1日付で退任し、阪急阪神ビルマネジメントの代表取締役・副社長執行役員を務める揚塩健治氏(57)が球団社長、谷本修球団常務(53)が球団本部長に就任すると発表した。

 兵庫県西宮市内の球団事務所で記者会見した揚塩氏は「なかなかかなえられなかった優勝、日本一を目指して誠心誠意、身を粉にして頑張りたい」と抱負を語った。四藤社長は「ぜひとも優勝、監督の胴上げを実現していただきたい」とエールを送った。

(11月6日17時50分)

プロ野球(11月6日)