国内外ニュース

東京原油が今年最高値を更新 1キロリットル4万2千円台

 連休明け6日の東京商品取引所で中東ドバイ産原油の先物が値上がりし、指標価格の清算値(株価終値に相当)は1キロリットル当たりで連休前2日比1350円高の4万2070円を付け、今年の最高値を更新した。4万2千円台は2015年7月30日以来、約2年3カ月ぶり。

 先物市場では、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国ロシアなどが原油価格の押し上げを狙い、原油の協調減産の期間延長を決めるとの観測が根強い。このため先物価格は上昇傾向にある。

 今後、ドバイ産原油が先物同様に上がれば、店頭ガソリンや灯油が値上がりする可能性がある。

(11月6日17時51分)

経済(11月6日)