国内外ニュース

知床横断道路、冬季通行止め 開通は来年4月の予定

 国土交通省北海道開発局は6日、世界自然遺産の北海道・知床で、観光コースとして人気が高い知床横断道路(国道334号)を例年同様に冬季通行止めにしたと発表した。路面が凍結したため、前倒しで3日から閉鎖を始めていた。開通は来年4月下旬の予定。

 横断道路は知床半島のオホーツク海側の斜里町と、根室海峡側の羅臼町を結ぶ。ほぼ真ん中に位置する知床峠からは羅臼岳や北方領土・国後島を望むことができ、春から秋にかけては観光客が記念撮影などを楽しむ。

 例年、冬季は降雪や路面凍結による事故を防ぐため、全長27・3キロのうち23・8キロを通行止めとする。

(11月6日17時51分)

社会(11月6日)