国内外ニュース

格安旅行てるみくらぶ債権者集会 14年9月期から債務超過

 経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京)の第1回債権者集会が6日、東京都内で開かれた。出席者によると、破産管財人の弁護士が2014年9月期から債務超過だったと明らかにした。

 会場には債権者数百人が詰め掛け、山田千賀子社長が「申し訳ない」と謝罪した。弁護士は13年9月期から架空利益の計上などで粉飾決算をしていたと指摘。債権額は確定していないが、返金額は非常に少なくなると説明した。

 集会では20人以上の債権者が質問に立ち、「詐欺じゃないか」などと怒号が飛び交った。山田社長は「売り上げを伸ばすのに必死だった。だますつもりはなかった」と強調したという。

(11月6日18時21分)

社会(11月6日)