国内外ニュース

五輪、恒久施設費413億円削減 東京都、コスト見直し

 東京都は6日、2020年東京五輪・パラリンピックで都が担う恒久の8施設の整備費用は現時点で計1828億円に上るとの見込みを発表した。都はこれまで計約2241億円と試算していたが、コスト見直しの結果、計413億円の削減となったという。

 海の森水上競技場は491億円から308億円に、有明アリーナは404億円から357億円にそれぞれ縮減した。五輪水泳センターは683億円から567億円となる見込み。

 夢の島公園では、24億円から14億円に削減。有明テニスの森も144億円から110億円に減った。国立代々木競技場周辺は、23億円の整備費が不要となったという。

(11月6日19時00分)

社会(11月6日)