国内外ニュース

厚労相、ネット上の自殺対応策を 座間の事件受け

 神奈川県座間市で9人の切断遺体が見つかった事件で、被害者の多くがツイッターで自殺願望を書き込んでいたとみられることから、加藤勝信厚生労働相は7日の閣議後会見で「今回はインターネットが(事件の)一つのきっかけとなった。ICT(情報通信技術)を活用し、ネット上でどういった対応ができるのかさらに考えたい」と述べ、対策を強化する考えを示した。

 加藤氏は、9人の犠牲者に「ご冥福を心からお祈り申し上げます」と悼んだ。

 政府は7月、子どもや若者の自殺対策を重点施策として盛り込んだ自殺総合対策大綱を閣議決定しており、ネット上で相談窓口を紹介する取り組みなどを進めている。

(11月7日12時11分)

社会(11月7日)