国内外ニュース

防衛省のPC窃盗認める 陸自学校職員の男、千葉

 防衛省からパソコンなどを盗んだとして、窃盗罪に問われた陸上自衛隊通信学校(神奈川県横須賀市)の職員須田克敬被告(42)=千葉県大網白里市、休職中=は7日、千葉地裁(岡部絵理子裁判官)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述などで「競馬やボートレースなどのギャンブルにはまり、生活苦に陥った上での犯行だ」とした上で、盗品を中古品店などに売却した総額は約9300万円に上ると指摘。防犯カメラの映像から、大きなバッグに隠して持ち出したとみられることも明らかにした。

(11月7日13時00分)

社会(11月7日)