国内外ニュース

改憲の与党協議に否定的 公明党の山口代表

 公明党の山口那津男代表は7日の記者会見で、憲法改正を巡る自民党との協議に否定的な見解を示した。先の政権合意の内容は「国会の憲法審査会での審議促進」と指摘し「与党間で何か行うことは前提にしていない」と述べた。

 自民党の憲法改正推進本部長に細田博之前総務会長が就任したことに関し「自民党の議論を見守り、干渉しないよう配慮する。この対応は変わらない」と語った。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は会見で、衆院選公約に掲げた9条への自衛隊明記など4項目について「年内にきちんと深掘りし、来年の通常国会へ準備を整えていこうというスケジュール感は役員が共有している」とした。

(11月7日13時25分)

政治(11月7日)