国内外ニュース

小池知事が働き方改革宣言 早期退庁、トップが率先

 「都庁働き方改革」を宣言する、東京都の小池百合子知事=7日午後、東京都庁  「都庁働き方改革」を宣言する、東京都の小池百合子知事=7日午後、東京都庁
 東京都の小池百合子知事は7日、都庁内で約200人の管理職を前に、職員の長時間労働を改善し、働きやすい職場環境を整備することなどを盛り込んだ「都庁働き方改革」を宣言した。

 宣言は小池知事と副知事3人、全局長ら都庁トップがそろって行った。昨年10月に導入した午後8時退庁・消灯の順守のほか、土日連続して勤務することの禁止、男性の育児休業取得の促進などに率先して取り組む。

 小池氏は「新しい働き方を都庁に根付かせてほしい。皆さんのリーダーシップに期待する」と呼び掛けた。

 都によると、早期退庁などを導入した昨年10月以降、9カ月間で月平均残業時間は1割減少した。

(11月7日17時22分)

社会(11月7日)