国内外ニュース

繁昌亭大賞に林家染雀さん 来年2月に記念落語会

 記念写真に納まる第12回繁昌亭大賞の林家染雀さん(左)と奨励賞の笑福亭喬介さん。中央は桂文枝会長=7日午後、大阪市の上方落語協会  記念写真に納まる第12回繁昌亭大賞の林家染雀さん(左)と奨励賞の笑福亭喬介さん。中央は桂文枝会長=7日午後、大阪市の上方落語協会
 上方落語協会は7日、第12回繁昌亭大賞に林家染雀さん(50)、奨励賞には笑福亭喬介さん(36)を選んだ。賞金はそれぞれ20万円と10万円で、来年2月5日に定席「天満天神繁昌亭」(大阪市北区)で表彰式と記念落語会を開く。

 染雀さんは大阪府出身で、1992年に林家染丸さんに入門。喬介さんは同府出身で、2005年に笑福亭松喬(当時は三喬)さんに入門した。

 同賞は、質の高い落語を演じ、繁昌亭の名前を広めた入門25年以下の落語家を表彰している。染雀さんは「今年入門25年で、ラストチャンスやった。師匠に喜びの報告をしたい」と語った。

(11月7日18時57分)

文化・芸能(11月7日)