国内外ニュース

柔道、合わせ技一本の対応急務に 66キロ級阿部は新ルール歓迎

 今夏の世界選手権男子66キロ級決勝で一本勝ちした阿部一二三(下)=ブダペスト(共同)  今夏の世界選手権男子66キロ級決勝で一本勝ちした阿部一二三(下)=ブダペスト(共同)
 国際柔道連盟(IJF)は6日までに2020年東京五輪で採用する新ルールを決定し、技あり二つで一本勝ちとなる「合わせ技一本」が復活した。リオデジャネイロ五輪後の検証を受け、今年1月からは「有効」廃止などの新ルールが試験導入されたばかり。これがさらに修正され、日本代表選手や指導陣は再び対応が急務となりそうだ。

 今夏の世界選手権男子66キロ級を強烈な投げ技で初制覇した20歳の阿部一二三(日体大)は「合わせ技一本」の復活を「より一本が取りやすくなる。自分にとっては良かった」と歓迎する。

 新ルールは来年1月の国際大会から実施予定。

(11月7日19時17分)

スポーツ(11月7日)