国内外ニュース

「1人目殺害後に買った」と供述 結束バンド、9人切断遺体事件

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が「結束バンドは1人目を殺害後に買った」と供述していることが7日、警視庁高尾署捜査本部への取材で分かった。

 捜査関係者によると、結束バンドは自宅の部屋に誘い込んだ女性らが暴れないよう、手足を拘束するために使ったとみられ、室内の捜索で見つかっていた。捜査本部は、次第に手口を巧妙化させた可能性もあるとみて、経緯を調べている。

 白石容疑者は、室内から見つかったのこぎりやなたについて、8月22日にアパートへ入居する前の「8月中旬に買った」と供述している。

(11月7日19時35分)

社会(11月7日)