国内外ニュース

遺骨収集事業、ずさん経理4億円 領収書を水増し、使途不明金も

 厚生労働省の戦没者遺骨収集事業で会計検査院は8日、2011~16年度に総額で約4億6325万円の不適正な会計経理があったと発表した。領収書の額面が約879万円も水増しされ、全額が使途不明になっていることも含む。厚労省は「大変遺憾で、再発防止に努める」としている。

 同事業で海外派遣される職員には、車両借り上げ費など、現地で自ら現金で支払う経費に限って出発前に前払いされる。

 しかし検査院が実態を調べると、職員60人が現地業者に支払う経費として約4億5401万円を出発前に国内の旅行会社などに渡していた。

(11月8日14時56分)

社会(11月8日)