国内外ニュース

政府、重要文書「原則1年」保存 森友、加計批判で新指針案

 森友、加計学園問題で批判を受けた行政文書管理を巡り、政府は8日、有識者による公文書管理委員会に新たなガイドライン案を提示した。行政の意思決定過程の検証に必要な文書は「原則1年以上」保存すると明記。「保存期間1年未満」に指定できる具体例も示した。判断するのは府省庁職員で外部のチェックは届かず、実効性がどこまで担保できるか懸念は拭えない。

 政府は委員会の意見を踏まえ、年内に新ガイドラインを決める方針だ。

(11月8日18時31分)

政治(11月8日)