国内外ニュース

ふるさと納税でライザップ体験 返礼品に、長野・伊那市

 「ふるさと納税」の返礼品について説明する長野県伊那市の白鳥孝市長。右はライザップの瀬戸健社長=8日午後、伊那市役所  「ふるさと納税」の返礼品について説明する長野県伊那市の白鳥孝市長。右はライザップの瀬戸健社長=8日午後、伊那市役所
 長野県伊那市は8日、自治体への寄付で住民税などを軽減する「ふるさと納税」の返礼品に、フィットネスクラブ運営会社「RIZAP(ライザップ)」の体験プログラムを加えると発表した。

 同市は、家電製品を返礼品としたことなどで人気を集め、2016年度の寄付額は72億500万円と全国2位。総務省による4月の返礼品見直し要請に伴って家電製品の扱いを中止し、9月末時点の寄付額は前年度比で約7割減となっていた。

 8日午後、同社の瀬戸健社長とともに記者会見した白鳥孝市長は「消費はモノからコトに転換した。市の健康への取り組みをアピールしたい」と述べた。

(11月8日18時41分)

経済(11月8日)