国内外ニュース

日立市の妻子6人殺害で鑑定留置 水戸地検、来年2月まで

 茨城県日立市の県営アパートに放火、妻子6人を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の疑いで逮捕、送検された無職小松博文容疑者(33)について、水戸地検は8日、水戸簡裁に鑑定留置を請求し、認められたと明らかにした。

 地検によると、期間は同日から来年2月16日まで。刑事責任能力を鑑定し、地検が起訴の可否を判断する。

 小松容疑者は10月6日午前4時40分ごろ、妻(33)のほか、小学6年の長女(11)、小1の長男(7)、いずれも保育園児の次男(5)、双子の三男(3)と四男(3)を刃物で複数回刺し、自宅に火を付けて殺害した疑いが持たれている。

(11月8日19時32分)

社会(11月8日)