国内外ニュース

ハイビーム立腹し傷害容疑、愛知 5キロあおった男逮捕

 交通トラブルとなった相手の顔を殴り重傷を負わせたなどとして、愛知県警半田署は8日までに、傷害と器物損壊の疑いで同県碧南市湖西町、土木作業員吉川竜次容疑者(33)を逮捕した。同署によると、吉川容疑者は、後ろを走っていた相手の車がヘッドライトをハイビームにしたことに立腹、約5キロにわたりあおり運転していた。

 逮捕容疑は9月23日午後10時45分ごろ、半田市の市道で、会社員の男性(19)の軽乗用車がハイビームにしたことに腹を立て、約5キロ追跡。信号で停車した際に素手で窓ガラスを割り、男性を車外に引っ張り出して顔面を殴り、鼻骨を折るなどの重傷を負わせた疑い。

(11月8日20時20分)

社会(11月8日)