国内外ニュース

米空母3隻、日本海で演習へ 自衛隊も、北朝鮮けん制

 10月19日、朝鮮半島沖の日本海で、米空母ロナルド・レーガンの甲板上に並ぶ艦載機(共同)  10月19日、朝鮮半島沖の日本海で、米空母ロナルド・レーガンの甲板上に並ぶ艦載機(共同)
 神奈川県横須賀市を拠点とする米海軍第7艦隊は9日、原子力空母3隻が11~14日に西太平洋で共同演習を実施すると発表した。米海軍当局者によると、演習海域は日本海。核・ミサイル開発を続ける北朝鮮をけん制する狙いがある。

 第7艦隊によると、3隻それぞれとともに空母打撃群を構成する他の艦艇も参加し防空演習や監視、補給活動などを行う。政府関係者によると、海上自衛隊の艦艇や航空自衛隊の航空機も参加する方向で調整している。韓国国防省は、3隻が韓国軍とも合同訓練を行う方向で協議中だと明らかにした。

 3隻はロナルド・レーガン、ニミッツ、セオドア・ルーズベルト。

(11月9日13時01分)

社会(11月9日)