国内外ニュース

神奈川・江の島でテロ対策訓練 東京五輪セーリング会場

 防護服を着て負傷者の救助訓練をする消防隊員(左端)ら=9日午前、神奈川・江の島  防護服を着て負傷者の救助訓練をする消防隊員(左端)ら=9日午前、神奈川・江の島
 政府と神奈川県、同県藤沢市は9日、2020年東京五輪のセーリング会場となる江の島(藤沢市)で、自衛隊や県警、医療機関などが参加するテロ対策訓練を実施した。

 最寄りの小田急片瀬江ノ島駅に到着した電車内で爆発が起き、江の島のヨットハーバーの建物に猛毒のサリンが散布されたとの想定で、地域住民らも参加。ヨットハーバーでは防護服を着た消防隊員や警察官が、来場者の誘導や負傷者の救助の手順を確認した。

 海に囲まれた会場の警備は課題が多く、大会組織委員会が中心となって対策を検討している。江の島では18年と19年にセーリングのテスト大会が予定されている。

(11月9日11時55分)

社会(11月9日)