国内外ニュース

財務相、TPP大筋合意を歓迎 一部の国は細部積み残し

 麻生太郎財務相は10日の閣議後の記者会見で、環太平洋連携協定(TPP)参加11カ国による大筋合意に関し「まとまったのは良いことだ」と歓迎した。ただ、ベトナムなど一部の国とは、まだ細部の合意にまでは至っていないと指摘した。

 離脱した米国については「もともとTPPに賛成していた。(将来的に)入ってくる時は、11カ国と米国で内容の話をする」と述べた。

 菅義偉官房長官も「心から歓迎したい。できるだけ早期の発効に向けて各国と緊密に連携していきたい」と述べた。

(11月10日11時57分)

経済(11月10日)