国内外ニュース

京都賞、三村高志氏らに贈呈 高性能トランジスタを開発

 第33回京都賞を受賞した(左から)三村高志博士、グレアム・ファーカー特別教授、リチャード・タラスキン名誉教授=10日午後、京都市  第33回京都賞を受賞した(左から)三村高志博士、グレアム・ファーカー特別教授、リチャード・タラスキン名誉教授=10日午後、京都市
 科学や文明の発展に貢献した人に贈られる第33回京都賞の授賞式が10日、京都市で開かれ、主催の稲盛財団(理事長・稲盛和夫京セラ名誉会長)から富士通研究所名誉フェローの三村高志博士(72)ら3氏に賞金5千万円が贈られた。

 BSアンテナの受信機などに使われる高性能トランジスタ「HEMT」を開発して先端技術部門で選ばれた三村氏は「失敗が成功の要因につながるのを体験した。恐れずにチャレンジするのが大事だ」と訴えかけた。

 基礎科学部門は、植物の光合成をモデル化してで選出されたオーストラリア国立大のグレアム・ファーカー特別教授(69)が選ばれた。

(11月10日18時56分)

科学・環境(11月10日)