国内外ニュース

米大統領演説は「妄言」と北朝鮮 核戦力完成へ加速の方針示す

 【北京共同】北朝鮮外務省は11日、トランプ米大統領が8日に韓国国会で行った演説について「われわれの思想と制度を全面拒否する妄言を並べ立て、わが国を悪魔化した」と非難する報道官談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。演説への北朝鮮の反応は初めて。

 談話は「トランプの妄言はわれわれを立ち止まらせることはできず、核戦力完成へとより速く疾走させる」と強調、核・ミサイル開発を加速する方針を改めて示した。

 談話は、トランプ氏が「力による平和」を追求すると述べたのに対し「米国と力の均衡を実現し、主権と生存権を守るというのがわが国の立場だ」と反論した。

(11月11日18時40分)

国際(11月11日)