国内外ニュース

高木美V、小平連勝伸ばす スピードスケートW杯第2日

 女子1500メートル 滑走する高木美帆=ヘーレンフェイン(共同)  女子1500メートル 滑走する高木美帆=ヘーレンフェイン(共同)
 【ヘーレンフェイン(オランダ)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は11日、オランダのヘーレンフェインで行われ、女子1500メートルで高木美帆が1分54秒68で優勝した。2位のソチ冬季五輪覇者ヨリン・テルモルス(オランダ)に0秒76差をつける快勝で、この種目では昨年12月に続く2勝目。

 女子500メートルは小平奈緒が37秒33で制した。W杯のこの種目で昨季から出場したレースは10戦無敗となり通算11勝目。国内外での連勝は18に伸びた。郷亜里砂が37秒88の3位で初の表彰台。

 女子マススタートは20歳の佐藤綾乃がW杯個人種目初優勝。

(11月12日5時17分)

スポーツ(11月12日)