国内外ニュース

シリア最後の拠点再制圧か 「イスラム国」が反撃

 【カイロ共同】シリア人権監視団(英国)によると、過激派組織「イスラム国」(IS)は11日、イラク国境に近いシリア東部の町アブカマルを再び制圧した。シリア政権軍は9日に奪還を宣言したばかり。現在も激しい戦闘を展開しており、一進一退の攻防が続いているもようだ。

 ISは一度撤退したように見せかけて反撃し、政権軍やイラン系民兵組織などは郊外にいったん退避した。政権軍は9日の奪還宣言の際、根絶に向けた戦略的勝利だと強調していた。

(11月12日10時22分)

国際(11月12日)