国内外ニュース

広島県知事に湯崎氏3選 共産推薦新人退け

 広島県知事選で3選を決め、万歳する湯崎英彦氏(中央)=12日夜、広島市  広島県知事選で3選を決め、万歳する湯崎英彦氏(中央)=12日夜、広島市
 任期満了に伴う広島県知事選は12日投開票され、無所属現職の湯崎英彦氏(52)=自民、公明、民進推薦=が、無所属新人の共産党県常任委員高見篤己氏(65)=共産推薦=を破り、3選を果たした。投票率は31・09%で、前回選挙を0・88ポイント下回った。

 与野党に加えて連合からも推薦を得た湯崎氏は組織力を背景に県内をくまなく回り、終始優位に選挙戦を進めた。観光客数の増加や経済成長など2期8年の実績をアピール。県政継続の必要性を訴えて支持を集めた。

 高見氏は中小企業支援拡充などを掲げ、核兵器廃絶メッセージを世界に発信すべきと主張。県政の転換を訴えたが及ばなかった。

(11月12日23時15分)

政治(11月12日)