国内外ニュース

イラン・イラク国境でM7の地震 140人超死亡、千人負傷

 12日、イラク北部クルド人自治区スレイマニヤで、病院に到着した地震による負傷者ら(ゲッティ=共同)  12日、イラク北部クルド人自治区スレイマニヤで、病院に到着した地震による負傷者ら(ゲッティ=共同)
 【テヘラン共同】イラン・イラク国境付近の山岳地帯で12日夜、強い地震があり、イラン当局者によると、同国で141人が死亡した。イラク側でも死傷者が出ており、負傷者は千人以上に達している。多くの建物が倒壊しており、死傷者はさらに増える恐れがある。米地質調査所(USGS)によると、マグニチュード(M)7・3。

 両国にある日本大使館が情報収集を急いでいるが、13日未明の段階で邦人の被害は確認されていない。

 震源はイラク北東部ハラブジャから南へ32キロ、震源の深さは23・2キロ。イランの地元当局者は「避難住民は7万人を超える可能性がある」と述べた。

(11月13日13時00分)

国際(11月13日)