国内外ニュース

断崖降下の世界記録樹立者、死亡 ヒマラヤで失敗、ロシア人男性

 【モスクワ共同】建造物や断崖などの高所から飛び降り、パラシュートで着地する「ベースジャンピング」と呼ばれる競技で数々の世界記録を樹立してきたロシア人、ワレリー・ロゾフさん(52)が12日までに、ネパールにあるヒマラヤ山脈のアマダブラム山(標高約6800メートル)頂からの降下に失敗し死亡した。タス通信などが報じた。

 ロゾフさんは2016年10月にヒマラヤ山脈のチョー・オユー(標高8201メートル)の7700メートル地点からジャンプを成功させ、最も高い地点からの降下で自身の世界記録を更新した。

(11月13日9時46分)

国際(11月13日)