国内外ニュース

辺野古、14日に石材海上搬入 工事加速狙い、沖縄反発も

 政府は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設工事で、護岸造成に使う石材を、天候条件が整えば14日に海上から搬入する方針を固めた。政府関係者が13日、明らかにした。大量輸送による工事加速が狙い。移設反対を訴える県が強く反発するのは必至だ。

 関係者によると、埋め立て区域北側の工区で、約100メートルまで延びた「K9護岸」を桟橋として使い、石材を積んだ船を接岸。石材は6日新たに着工した区域南西側の護岸工事に用いる。

 防衛省沖縄防衛局の委託業者が13日、国頭村の奥港で、陸送した石材を船に積み込んだ。

(11月13日12時01分)

政治(11月13日)