国内外ニュース

日米豪、北朝鮮圧力確認へ 首相、新海洋戦略説明も

 首脳会談に臨む(左から)安倍首相、トランプ米大統領、オーストラリアのターンブル首相=13日、マニラ(代表撮影・共同)  首脳会談に臨む(左から)安倍首相、トランプ米大統領、オーストラリアのターンブル首相=13日、マニラ(代表撮影・共同)
 【マニラ共同】安倍晋三首相は13日午前(日本時間同)、トランプ米大統領、オーストラリアのターンブル首相による3カ国首脳会談をフィリピン・マニラで行った。核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力強化に向けた緊密連携を確認する。海洋進出を強める中国をにらみ、安倍首相は自ら提唱する「自由で開かれたインド太平洋戦略」について説明し、協力を求めるとみられる。

 首相はこの後、ターンブル首相と個別に会談した。

 3カ国首脳会談では、石油供給制限などを柱とする国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議について、国際社会に対し、引き続き完全履行を働き掛ける考えを申し合わせる。

(11月13日13時20分)

政治(11月13日)