国内外ニュース

板門店で北朝鮮軍人が亡命 銃撃で負傷、交戦起きず

 北朝鮮、韓国、板門店  北朝鮮、韓国、板門店  板門店で南北軍事境界線を挟みにらみ合う北朝鮮の朝鮮人民軍将校(奥)と韓国軍兵士=7月(共同)  板門店で南北軍事境界線を挟みにらみ合う北朝鮮の朝鮮人民軍将校(奥)と韓国軍兵士=7月(共同)
 【ソウル共同】韓国軍合同参謀本部によると、13日午後(日本時間同)、ソウル北方の南北軍事境界線がある板門店で、北朝鮮の朝鮮人民軍の軍人1人が境界線を越えて韓国側へ亡命した。軍人は北朝鮮側によるものとみられる銃撃で腕や肩を負傷しており、搬送された。容体は不明。

 銃撃戦は起きなかった。韓国は警戒態勢を強化した。朝鮮人民軍に特異な動きは見られないという。板門店で勤務する軍人は比較的恵まれた家庭出身のエリートで、体制支持の思想も強固だと韓国側は分析しており、板門店での軍人の亡命は異例だ。

(11月14日0時31分)

国際(11月14日)